皇室典範〜産経が女系天皇問題特集(その3)
 産経の皇室典範改正問題(女系天皇問題)特集、今日は3回め(最終回)。
 WEB版にないのでこちらで入力したものを紹介します(太字強調は原文のまま)。

■女系天皇容認〜有識者会議報告から〜(下)
 「排除された選択肢」
 「旧皇族の復帰」

 皇室には昭和四十年の秋篠宮さま以降、男子は誕生せず、続けて九人の女子が生まれるという確率的には「五百十二分の一」という事態が起きている。皇位継承資格を「男系の男子」に限定し、養子も認めない現皇室典範を放置すれば、いずれ皇位継承者はいなくなる。その意味で、継承者確保のための新たな施策が必要なのは当然だ。ただ、「皇室典範に関する有識者会議」の報告書は、選択肢の一つである旧皇族の皇籍復帰について「国民の理解が得られない」とあっさり切り捨てている。

■現皇室と近い関係

 「旧皇族は、すでに六十年近く一般国民として過ごしている」「現天皇陛下との共通の祖先は、約六百年前の室町時代までさかのぼる遠い血筋の方々である」
 報告書は、現在も四十歳未満の男系の男子が十数人も存在する旧皇族について、さも現在の皇室との関係が薄いかのように書いている。だが、この記述は正確ではない。

 旧十一宮家は、昭和二十二年に連合国軍総司令部(GHQ)の圧力などから皇籍離脱するまでは皇位継承権を保持。うち竹田、北白川、朝香、東久邇の四宮家には明治天皇の皇女、東久邇宮家には昭和天皇の皇女が嫁いでおり、母方の系統(女系)ではあるが血縁関係は近い。また、昭和天皇のお后だった香淳皇后は久邇宮家の出身だ。

 現在も、皇室と旧皇族は菊栄親睦会などの定期会合を続けているほか、「一緒にゴルフを楽しまれることもある」(宮内庁筋)。黒田清子さん(紀宮さま)の結婚式の斎主を務めたのも旧宮家当主の北白川道久氏だ。

 「万が一にも皇位を継ぐべきときが来るかもしれないとのご自覚の下で身をお慎みになっていただきたい
 皇籍離脱当時、宮内府次長だった加藤進氏は五十九年八月、旧皇族の方々にこう要請したエピソードを明かしている。

■男子誕生の可能性

 「長子優先とした方が、国民が将来の天皇の成長をご幼少のころから見守ることができ、分かりやすい
 有識者会議の吉川弘之座長は、皇位継承順位を男女を問わず長子(第一子優先)とした理由をこう説明する。この案に沿うと、皇太子さまの次の皇位継承者は現在の秋篠宮さまから愛子さまへと移る。

 だが、もし皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻に今後、男子が誕生したら、国民感情は揺れ動くかもしれない。皇室研究者らは「今は愛子さまに向いている国民の目が、新たなお子さまに集中する可能性がある。その意味でも、会議は拙速な結論付けは避けるべきだった」と指摘する。

 また、長子優先とする理由の一つに、早期から「帝王教育」を施す必要性を指摘する意見もあるが、「万が一ということもある。帝王学はすべての皇族が受けるべきものだ」(百地章・日大教授)との見方もある。

■40年も先の話

 「衆寡敵せずだ
 有識者会議の中で、男系継承の重要性を主張した一人の奥田碩・日本経団連会長は、会議の実態について周囲にこう漏らした。自動車生産台数が世界一に届こうというトヨタの会長にも阻止できない、女系継承容認を何がなんでも実現しようという奔流のような力が働いたようだ。

 しかし、皇位継承資格一位の皇太子さまは現在四十五歳、二位の秋篠宮さまは四十歳とまだ若い。本当に皇位継承者の不在が問題になるのは四十年も先であることを考えると、有識者会議の結論の急ぎ方はいかにも不自然に映る。

 皇室典範改正後、愛子さまが若くして皇位を継がれる場合、どのような影響が出るか。
 徳島文理大の八幡和郎教授は「よき伴侶を見つけられるためにも、独身のまま即位されて重要な公務を多くこなすことは避けた方がいい」と指摘。「有識者会議の一番の間違いは、今、継承順位を確定しようとしたことだ」と語る。

 「歴史はわれわれがつくっていく」と言い切る吉川氏は、有識者会議は国民の代表だとの立場を強調した。しかし、世論がそこまでの結論を会議に期待していたのかどうか。残った疑問はあまりにも大きい。
(阿比留瑠比)
 
 この特集は産経の誰が書いてるのかな?と少し気になってたんですが、最終回にしてようやく署名が。阿比留瑠比さんでしたか。変わったお名前なので覚えやすいですよね(^_^;
 皇室典範改正問題における阿比留さんのこれまでの署名記事を紹介しておきます。

皇室典範会議 女性・女系を容認 政府、通常国会に改正案(10/26)
皇室典範改正案 通常国会提出慎重論も≪寛仁さま「発言」波紋広がり≫(11/7)
皇室典範に関する有識者会議報告書 拙速批判は無視 10カ月で結論、人選も疑問(11/25)

 奥田碩・日本経団連会長が周囲に漏らした「衆寡敵せずだ」については、11/25付毎日新聞にこういう記述が。
 ただ、有識者会議は7月26日の論点整理までは、あくまで「中立」を保った。政府関係者は「男系男子維持派からの批判に耐え得る理論武装のためには積み重ねが重要だった」と明かす。
 こうした状況下、男系男子維持が持論とみられていたメンバーの奥田碩日本経団連会長は8月4日に、福岡県内での講演で「たぶん結論は出ない。両論併記といった形で出し、首相や国会で決めることになる」と語った。しかし、奥田氏は女性・女系容認の大勢に押されたかのように、同31日の会合前後には「(両論併記になるというのは)言葉足らずだった」と周囲に釈明した。
 9月以降の会合では、皇位継承順位の「長子優先」、皇族の範囲の「永世皇族制」などがトントン拍子で決まった。いずれもキーワードは「安定性」。皇室関係者によると、男系男子維持を主張したメンバーからは「衆寡敵せず」「多勢に無勢」との嘆きが漏れた。

 奥田会長という各界に絶大な影響力を持った人の意見ですら「大勢に無勢」。やはり最初から結論ありきで、小泉首相の意向が強く働いた会議としか思えません。

 それにしても吉川座長〔ロボット工学の専門家)には呆れるばかりです。「歴史はわれわれがつくっていく」(正確には「歴史はわれわれがつくっていく立場で検討する」)って言うけどね、歴史をロボットと同じような扱いされたらかなわんっちゅーねん。
 科学は日々進歩していくし、新しい考え方をどんどん取り入れていかねばならない分野でしょう。でも歴史や伝統はそうじゃない。科学とは対極にある分野です。

 また吉川座長は、女性天皇や女系宮家の配偶者確保については「われわれの使命の外」と言う。つまり、将来、愛子さま以下8人の内親王・女王殿下方がご結婚でどんな苦労をなさろうと知ったことではないということ。
 「歴史はわれわれがつくっていく」と豪語するなら、そこまで責任を持ってちゃんと考えなさいよ。

 とにかく有識者会議の結論を見るにつけ、「どこが有識者会議やねん」と言いたくなります。
 「いや、メンバーの中には少数ながら皇室の専門家もいますよ」という声もありますが、そんなもんアリバイ作りとしか思えません。
 こんな“無識者会議”の結論なんて、私は受け入れることはできません。
 

※拙ブログ関連エントリー
 ●10/27付『女系天皇は容認できない』(参考サイトリンク付)
 ●11/5付『メディアは「女性天皇」と「女系天皇」の違いを説明せよ』(参考サイトリンク付)
 ●11/7付『「たかじん委員会」是か非か“女性・女系”の天皇』
 ●11/10付『「ムーブ!」女帝容認論に異議噴出』
 ●11/25付『皇室典範〜有識者会議が報告書提出』
 ●11/26付『皇室典範〜社説出揃う』
 ●12/8付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集』
 ●12/9付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集(その2)』

※まとめサイト
 ●天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!
 ●とりかごさん12/1付『ザビ家の女系天皇反対』

※産経新聞「女系問題」テキスト
 ●拾い猫日記さん12/8付「産経がスパート!」
 最近の産経に掲載されたネットソースなしの記事をテキスト化して下さっています。一昨日付拙エントリーで一部紹介した藤原正彦教授の論文もあります。

※「女系天皇反対」の声を届けましょう
 ●首相官邸 ご意見募集
 ●内閣官房 ご意見募集
 ●自由民主党 自民党に物申す!
 ●安倍晋三 ご意見・お問い合わせ


★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 13:44 | 皇室 | comments (10) | trackback (1)
立川反戦ビラ事件「市民団体」が逆転有罪
団体メンバーに逆転有罪 立川反戦ビラ事件 東京高裁判決
侵入の刑事責任認める

 東京都立川市の自衛隊官舎敷地内に無断で立ち入って反戦ビラを投函(とうかん)したとして住居侵入罪に問われ、一審・東京地裁八王子支部で無罪となった市民団体「立川自衛隊監視テント村」メンバー三人の控訴審判決公判が九日、東京高裁で開かれた。
 中川武隆裁判長は「表現の自由が尊重されるとしても、そのために他人の権利を侵害してよいことにはならない」として一審判決を破棄し、罰金二十万円−十万円の逆転有罪を言い渡した。
 練馬区職員、大洞俊之被告(48)とアルバイト、高田幸美被告(32)は罰金二十万円、会社役員、大西章寛被告(32)は罰金十万円。三人は判決を不服として上告した。
 中川裁判長は判決理由で、三被告の立川宿舎への立ち入り行為を「ビラによる政治的意見の表明が言論の自由で保障されるとしても、管理権者の意思に反して立ち入ってよいことにはならない」と判断。
 その上で「居住者からビラ投函は禁止だと抗議を受けていたにもかかわらず、目の届かないところで投函を繰り返したことを考えると、管理権者の法的侵害の程度が極めて軽微なものであったと判断した一審判決は是認できない」と述べ、刑事罰に処する程度の違法性があると認めた。
 一審判決では、「立ち入りは住居侵入罪の構成要件に該当するが、ビラ配布の目的は社会的常識の範囲内で、刑事責任を問えない」として無罪を言い渡し、検察側が控訴していた。
 控訴審で検察側は「政治表現は住居の平穏を害さない方法で行われるべきだ」と主張。弁護側は「ビラ配布は正当な表現活動で、起訴自体が公訴権の乱用」と反論していた。

≪視点 「表現の自由」より「居住者の平穏」≫
 政治思想ビラの投函目的の住居立ち入りが罪に問えるかどうかが争われた今回の裁判で、東京高裁は三被告に有罪を言い渡した。判決は、被告らの「表現の自由」によって、「居住者の平穏」が軽視されるべきではないと判断した。
 三被告のビラ投函行為が「住居侵入罪にあたる」と認定されたのは、一・二審で共通している。そのうえで、有罪か無罪かの判断は、政治ビラ投函という行為の動機や被害などが、刑事罰とするほどの違法性があったかどうかが分かれ目になった。
 一審・東京地裁八王子支部は、三被告のビラ投函行為を「民主主義の根底を成すもの」として正当としたほか、「居住者の被害も軽く、刑罰をもって報いるほどではない」と結論付けた。
 一方、今回の判決では、「入居者の拒否にもかかわらずビラ投函が反復して行われた不快感は軽くない」と述べ、自衛隊のイラク派遣が決まった時期に批判的なビラを投げ込まれた自衛隊員や家族の“被害”を重大なものと認定した。
 土本武司・白鴎大法科大学院教授(刑法)は「立ち入りの目的が正当であっても、それが居住者の意思に反し、立ち入りによって居住者の平穏が乱されるなら、罪を問われるのが法の趣旨に合う」と解説する。
 「表現の自由は尊重されても他人の権利を侵害していいことにはならない」とした判決は重い。
 「表現の自由」を前にしても、居住者の平穏に暮らす権利が矮小(わいしょう)化されるべきではない。(佐久間修志)
(産経新聞) - 12月9日15時54分更新

 当然の判決でしょう。「表現の自由のためなら他者に迷惑をかけてもかまわない、不法侵入も許される」とはなりません。しかも住民から抗議を受けてもなお続けたんですから悪質です。

 さらに被告らが投入したビラの内容がまたひどい。後述しますが、「反戦ビラ」の域をはるかに超えて「中傷ビラ」と言っても過言ではありません。一般の人に配ったのならまだしも、相手は自衛官とその家族なんですから。

 この事件については以前、それを報道した朝日新聞の問題点も含めて、旧ぼやきくっくりに書いたことがあります。
 その時の自分の文章を丸ごと再掲します(手抜きですんません)。

 以下、旧ぼやきくっくり3/3付「ここでも朝日新聞のダブルスタンダードが」より引用。

……………………………………………………

■立川市の自衛隊官舎ビラ投入事件について

 昨日のNEWS23で取り上げられた、立川市の自衛隊官舎に左翼団体の3人が不法に侵入して反戦ビラ投入で逮捕、その後無罪判決(但し検察が控訴中)……の件。
 昨日「細切れぼやき」で少し触れましたが、今日はもう少し詳しく。

 実は昨日の「ぼやき」を書いた後、「ごく最近この事件の詳細を取り上げた雑誌を見たような気がするな〜」と思って探してみたら、先月号の「正論」に載ってました。弁護士の稲田朋美氏の論文です。
 以下、それを参考に書きます。

 この左翼団体の正式名は「立川自衛隊監視テント村」というらしいです。
 投入されたビラには次のような文言があったそうです。
 「復興支援は強盗の手伝い」「殺すも殺されるも自衛官です」「その地域の住民にとって、自衛隊は死に神になります」(いずれも判決認定事実)。
 昨日伝えられたよりもずっと過激な内容ですね。私がもし自衛官の妻だったら、怒り狂って「テント村」に怒鳴り込んでたかも。

 3人が無罪になった翌日12/17の朝日社説より。

自分の気に入らない意見にも耳を傾けてみる。それは民主主義を支える基本である。派遣を控えた自衛隊員にとっても、同僚や家族と全く違う意見を目にするのは無駄にならないはずだ。くだらない意見だと思えば捨てればいい。

 何と無神経な。まるで、被害者である自衛隊員やその家族にも問題があるかのような書き方。
 聞きたくもないものを聞かされる、見たくもないものを見せられる、被害者の精神的苦痛など考えてもみないで、「表現の自由」で片付けちゃうのか。

 実はこの無罪判決が出てわずか数日後、葛飾区のあるマンションでも似たような事件があったそうです。
 1階ロビーに「チラシ・パンフレット等の広告の投函は固く禁じます」と貼り紙がしてあるのに、共産党のビラなどを、共有部分の各階の廊下に立ち入り、各ドアに配っていた男を住民が見咎め(ここまではよくある話)、注意したがやめないので警察に通報、男は住居侵入の現行犯で逮捕されたとのこと。

 明らかにこの男には不退去罪が成立するし、警官が到着するまで強情に居座った男に何の理もない。「表現の自由」と言っても、それは無制限の自由ではない。
 ところが朝日は社説でこの事件についてこう書いた。

政治ビラをことさら目の敵にすることもあるまい。受け取っておいて捨てればいい。どうしてもいやなら、玄関ドアにその旨貼り紙をすればよい。…配る方は節度を持つ。受け取る方は度量を持つ。そうならないものか。

 以上二つの朝日社説を踏まえた上で、続きを読んでみましょう。びっくりするから。

 時は遡って、平成11年12月14日の朝刊(大阪版)で、朝日はこのような事件を取り上げています。

 あるマンションの1階ポストに「組合員教師らが、国旗・国歌に反対する政治ビラを生徒たちに配布した」「反日不良教師等に大切な子供を任せられますか」というビラが投げ込まれていた。
 朝日はビラを投げ込まれた住人たちのコメントを記載。
 「こんなビラは卑怯で卑劣」「一方的に相手を批判したり、日の丸の掲揚を無理に押し付けたりするのはおかしい。過激なやり方はいい結果を招かない。もっとオープンに議論すべき」といった内容。
 これら「住人」が実在の人物かは不明ですが、とにかくビラ投入に批判的な内容ばかりを掲載。これすなわち朝日の意見でもあるということ。

 さらに朝日はこのような意見も載せました。
 「社会全体が右傾化する中で、右翼が自分たちの存在をアピールしようとする焦りが表面化したのではないか」。
 記事を読む限りでは、ビラを配ったのが右翼という証明は全くされていないのに、ビラを投入したのは右翼と決め付けてます。

 ここまで読んでもらえば、もうわかるでしょう。朝日はダブルスタンダードだってことが。
 たとえビラ投入したのが右翼だとしても、右翼にも左翼同様「表現の自由」はあるはず。なのに、立川の事件は左翼だから擁護、この平成11年の事件は右翼だから批判。
 右翼が(と朝日が決め付けてるだけですが)ビラ投入した場合は、決して「受け取っておいて捨てればいい」なんて寛容なことは言わない。
 朝日の言う「表現の自由」とは朝日にとって都合のよいことを言う自由を保障することにすぎないということ。

 また朝日は、自分たちにとって都合のよいことを主張する人の人権は認めるが、そうでない人の人権は認めません。
 立川の事件で言えば、反戦ビラ(ほとんど中傷ビラだが)を投入した3人の人権は認めるが、投入された自衛隊員とその家族の人権は認めない。
 極論を言えば、「おまえら自衛隊員は人殺し予備軍だ。中傷ビラぐらい我慢しろよ」ってのが朝日の考え方なんでしょう。

<参考資料>
・正論3月号「冗談でも笑えぬ朝日社説の『郵便受けの民主主義』」(弁護士 稲田朋美氏)

引用ここまで……………………………………………………

 朝日の当時の社説ですが、ネット上を探してみたところ、見つかりました。
ビラ配り無罪――郵便受けの民主主義(04/12/17付朝日社説)
ビラ――配る作法、受け取る度量(04/12/29付朝日社説)

 ついでに紹介。
大洞俊之被告のブログ
 「言論の自由だ」「表現の自由だ」と言いながらコメントは不可。
立川・反戦ビラ弾圧救援会
 女性被告のサイトへのリンクもあるようです。
大沢ゆたか立川市会議員のサイト
 この議員は被告らを支援しています。被告らが展開している「天皇記念館反対運動」もサポートしています(大洞被告のブログ参照)。

 大沢ゆたか議員のサイトには東京地裁の判決文(04/12/16)が載ってるんですが、そこにこのような一文があります。

 2) この点に関し,検察官は,被告人らを含むテント村構成員が中核派横成員首都圏黒へルグループと呼ばれる同体の構成員らと共闘している状況を繰り返し目撃しており,また,中核派は,自衛隊海外派遣反対などの理由で立川基地内に爆発物を発射した事件など危険な事件に関与していることを立証するため警察官の証人尋問を請求した。

 中核派キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
 「『つくる会』の教科書採択に反対する杉並親の会」も中核派とつながってるんですが、それでもメディアは彼らを「市民団体」と呼ぶんですよね。

 「首都圏黒ヘルグループ」というのは聞き始めです。
 『月刊基礎知識』のバックナンバーに黒ヘル集団〈1980〉というのが載ってますが、これかな?「46年、赤軍、RG(共産同の一派)とともに、黒へルグループが爆弾作戦を競い合ったこともある。警察庁調べては53年6月現在、全国に約320グループ、約4000人がいる」とあります。

 でもこれデータ古すぎるので、さらに検索してみたところ、早慶戦「天覧」試合国賠の原告を支援するサイトの中に、被告側 第三準備書面というページがあり、そこではこう説明されています。

2 早稲田大学の黒へルグループは、同大学のサークル活動を通じて組織された学生集団であり、学費値上げ反対、学内管理支配体制粉砕、部落解放、反権力・反皇室などをスローガンに掲げ、学内外において活動を行つている。
原各らは、右黒ヘルグループに所属する者と認められる。

 いずれにしろまともな方々ではなさそうです。

 ちなみにこのニュース、朝日新聞は写真入りで伝えてます。
 論評はないものの、不満顔の被告たち、「不当判決」を掲げる支援者、「反戦ビラ入れ弾圧糾弾」の垂れ幕……こういった写真を3つも載せてるってことは、それが朝日の見解ってことね。
 明日あたりさっそく社説で「納得できない判決だ」「正当な活動だ」「警察・検察の職権乱用だ」「表現の自由の危機だ」などと、ぼやいてくるかもしれませんな〜(^_^;


【追記12/10 14:20】
 予想通り朝日が社説で書いてきました。
 「ビラ配り有罪 表現の自由が心配」……だが心配のしすぎではないか(笑)。

続き▽
Posted by くっくり 00:12 | 国内 | comments (11) | trackback (10)