皇室典範〜有識者会議はやはり追認機関でしかなかった
 産経朝刊が皇室典範改正に絡んで「極秘文書」を入手したのだそう。
 朝刊一面〜四面に渡って、でかでかと載ってました(^_^;

 それによれば、2年前(平成16年)の政府の非公式検討会によってすでに女性・女系天皇容認は打ち出されていた、と。有識者会議の設置や「女性・女系天皇容認」という方向性もその筋書きに沿ったものだった、と。
 さらには平成9年〜12年に行われた政府の皇位継承制度に関する「非公式研究会」の段階で、もうすでに「女性・女系天皇容認」の方向になっていたことも明らかにされています。

 もちろん、平成9年から宮内庁や内閣官房が極秘に女性・女系天皇容認を画策していたという報道はこれまでにもあったので、産経の記事は後追いと言えば後追いなんですが、それなりに意味はあるんじゃないかと思います。

続き▽
Posted by くっくり 01:53 | 皇室 | comments (11) | trackback (8)