また高金素梅か!〜高砂義勇兵慰霊碑が撤去の危機
 新聞記事を見た時、思わず叫んでしまいました。「また高金素梅か!」。

 高金素梅の反日エピソードは色々ありますが、一番有名なのは靖国訴訟でしょうか。
 昨年秋、大阪高裁が法的拘束力のない傍論の中で「首相の参拝は違憲」と述べた、あの悪名高き裁判。原告の一人に名を連ねているのが高金素梅です。
 (拙エントリー05/10/1付:大阪高裁が首相の靖国参拝に違憲判断〜高金素梅に気をつけろ!参照)

 その高金素梅が今度は何をやらかしたかというと、台湾の「高砂義勇兵慰霊碑」の撤去要求です。そして撤去は現実のものとなりつつあります。

 産経新聞読者などの支援により、今月上旬にようやく移設が完了、8日には李登輝前総統も出席しての記念式典があったばかりなのに。
 高金素梅!何てことするねん!!ヽ(`Д´)ノ

 関連記事を時系列で見てみましょう。

続き▽
Posted by くっくり 01:43 | 北東アジア | comments (25) | trackback (4)