「ワイスク」小野田寛郎さんインタビュー
 途中から見たのでまた細切れになっちゃいますが、内容を少しご紹介。

 『ワイスク』で、山本晋也が小野田寛郎さんにインタビュー。
 「失礼な質問ばかりするんじゃないか?」「恣意的な編集をするんじゃないか?」とハラハラしました。

 小野田さんは、「潜伏中は両親のことは考えなかった。それより戦友のことばかり考えていた」と。

 田中角栄からもらった見舞金100万円全額を靖国神社に奉納したところ、マスコミなどからバッシングされたのですが(この話は有名ですよね)、その時のことを小野田さんは苦笑しながらこう振り返りました。

 「いただいたら自分の物なんですよね(笑)。それをどう使おうが私の勝手でしょう。銀座で仲間と酒飲んで一晩で使おうと、ホースで酒を『さあみんな飲め』と靖国神社にばらまこうと、私の勝手なんですよ(笑)。それをなぜ言われないといけないのか。大きなお世話です。かなりコチンときましたね(笑)」

 Q:靖国問題についてどう思うか?
 「私は15年間お祀りしていただきましたから。靖国神社の落第生。『この野郎生きていたか』と(笑)。みんな靖国神社に祀られると思って死んでいったんです。だから今さら言われるのは筋違い。約束した場所なんだから」

 Q:外交問題にまで発展してるが?
 「一度相手がどう出るか毅然としてみればいいでしょ。まさか中国が怒ってミサイルも撃たないでしょ(笑)。思い切って言ってみたらどうでしょうか。一発ぐらい落ちた方がみんなの考え方が変わっていいんじゃないかと思います(笑)」

 よう言うてくれた。小野田さんGJ!(≧▽≦)

 「カメラのレンズは嫌なもんですよね(笑)。横向いてる時はいいが、正面から向けられると、レンズが真っ黒で、銃口を真っ正面から見てるのと同じ」

 「口を開くとどうしても自分がやったことを言ってしまう。『もう少し大人しく口をきけ』と言われる(笑)。日本は平和主義なんだから。日本は急に変わってしまった。ただ僕が遅く帰ってきただけなのに」

 帰国から約1年後、日本に見切りをつけた小野田さんはブラジルに移住。
 「自分はこれだけのことができると示したかった。木を切り倒して開拓した。今だったら環境破壊とか言われるかもしれないですね(笑)」

 小野田さんは自然塾や講演活動を通して子供や若い人たちと接している。
 この6日には、学習院大学学園祭で講演。
 「(若い人たちには)たくましくなってほしいんです」

 Q:小野田さんにとって人生とは?
 「自分が選んだ結果だと思う。人間は運命の生き物。時代が戦争だったからといって、必ず僕のようにやらないといけないわけではない。人間は一人で生きていけない。人を大事にしなければ」

 VTRの後、スタジオでの会話。

 山本晋也曰く。
 「小野田さんは未だに電話番号は1回聞けば覚えるそうです。記憶力のすごさ。陸軍中野学校で鍛えられた。また『負けても死んではならん。何十年経っても迎えに来るから』と言われて、任務を遂行した。小野田さんは1980年に起きた金属バット両親殺害事件に非常に驚いた。日本の子供たちはどうなってるのかと、不安を覚えて自然塾を開いた。火の起こし方など教え、サバイバルな生き方を教えている」

 川村晃司曰く。
 「決してあきらめない精神。金属バット両親殺害事件がきっかけになったのは、日本の戦後がどうなってしまうのかと心配されたからだろう。日本の外交についても何か考え持っているんじゃないでしょうか」

 再度、山本晋也が「欧米では情報員は尊敬される。紳士である」みたいな話をした後、締めにこういう発言を。
 「小野田さんの戦友に対する思いはすごいものがある。一部過激な発言がありましたが、決して小野田さんの『ためにする発言』ではありませんので。いつまでも長生きしていただきたいと思います」

 ……とまあ、こんな感じで。

 編集で歪曲されるかと思ったけど、テレ朝のわりにはけっこうまともでした。
 ってことは、インタビュー現場ではもっとGJ(テレ朝的にはBJ)な発言があったと見た(^_^;
 小野田さんは終始笑顔で、山本晋也が何を言っても意に介さないというか余裕の表情でしたわ。

 カメラを銃口に例えたくだりはドキッとしましたね。
 小野田さん、帰国後はマスコミに追いかけられて、バッシングもされて苦労されましたから。
 銃口は人を殺す。カメラも時には人を殺す。……って、そこまで考えておっしゃったわけじゃないとは思いますが。

 しかし、山本晋也の言う「過激な発言」って何じゃらほい?
 「(ミサイルが)一発ぐらい落ちた方がみんなの考え方が変わっていいんじゃないかと思います」というくだりか?
 全然過激じゃないと思うけど。

 とにかく小野田さんの言葉は心にぐっと来ますわ。実体験に裏打ちされた言葉の重みとでも言うんでしょうか。
 それに比べ、そのへんの空想平和主義者の言葉の何と薄っぺらいことよ。

 最後に参考までにってことで、05/6/10付ぼやきくっくり(html版)よりプレイバック。
 「週刊新潮」<小泉「靖国参拝」私はこう考える>より小野田さんのコメント。
 私は15年間、靖国神社に祀られていた身分です。そのままだったら今の日本の姿を知る由もなかった。国が靖国を護持しないというのなら、それは私たちに対する借金を返さず、未納のままだということです。
 また別の施設を造るということは私たちに対する裏切り行為です。とても許されることではありません。
 靖国参拝は当たり前のことであって、あれこれ言う人はもうどうでもいい。いやなら参拝は結構だと言いたい。
 そもそも、いろいろなわだかまりがあったから戦争になったのであって、それをわだかまりがないという方に無理があるんですから、綺麗事はどうでもいいのです。
 A級戦犯が祀られているから、という意見を言う人もいますが、あの裁判は占領中に行われたことであり、彼らはその中で命を落とした人たちなのです。
 日本人は亡くなった人に対してそれ以上の罪を憎まないという習慣がある。しかし、中国では死んだあとでも罪人のままで、墓まで暴かれてしまいます。その中国の価値観をわれわれが受け入れなければならないのでしょうか。一度黙って静かにお参りしてみたらどうですか。
 戦争で死んだ人は若い人が多かった。肉親が元気な内は手厚く祀ってもらえるが、肉親がいなくなったあとに祀られる場所は靖国しかないのです。
 戦争は国がやったことですから、その責任を国がとるのは当たり前のことなのです。


★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 00:20 | TV番組内容紹介 | comments (5) | trackback (2)
コメント
くっくりさん、こんばんわ。
私もワイスク見ました。

私の尊敬申し上げている方ですので、小野田さんが紹介されると分かった時点でビデオ録画して見ておりました。
くっくりさんの仰るとおりテレ朝としてはまともな紹介の仕方をしておりましたね。
山本晋也の「過激な発言」は私もミサイルうんぬんの話だと思います。私も小野田さんと同様の事を以前から思っていましたので一言余計ですな。左巻きの方々からすれば過激という事でしょうか?
あと、雨が怖かったという話もされていました。小野田さんの意外な一面を見たような気がしました。
Posted by mato | URL | 05/11/10 01:33 | sCZepmig

エントリーにもあるとおり、今月6日の学園祭で、小野田さんの講演がありました。(一番収容人数の多い大教室にて)2時から開演だったのですが、1時から2時まで違う教室で町村元外務大臣の講演もあったので、どちらを取ろうか迷いましたw結局、小野田さんの方をとったわけですが。
上の方のコメントを読んで思い出しましたが、フィリピンにいたときは雨が怖かったとおっしゃっていました。何しろ、着るものを干している暇はなく(干していたら目立ちますから)、ひどいときはずぶ濡れのまま震えながら眠ったということでした。
講演会を主催した研究会のOBが、ブラジル行きを決意した理由を伺ったところ、日本での風潮に嫌気がさしたとのことでした。マスコミの批判の対象となったことを挙げていらっしゃいました。
そうですね、最後の質問者が一番前の席に座っていた大学生風の(?)女性だったのですが、「戦争で人を殺すのと金属バット事件での両親殺しとはどう違うのでしょうか」と質問していました(会場は笑いに包まれました。シリアスな雰囲気になるかと思ったのですが・・・若いですね、私は)。これについて、小野田さんは、なぜ両親を殺すのか、両親がイヤなら出て行けばいいのに。自分も若いころには親元を飛び出して生計を立てたのに(父の借金が多かったのが理由)、とおっしゃっていました。
小野田さんは、公演中、最後まで背筋を緩めることはありませんでした。あと、講演会は2割弱しか20代以下はいなかったと思いますw
いくつか心を打つメッセージがあった講演会でした・・・と、長文失礼しました。
Posted by 某大学生 | URL | 05/11/10 02:24 | xtQKLiPw

あ、ミスがありました。
×1時から2時まで
○1時から2時30分まで
町村元大臣の方は、途中退場禁止とのことだったので、どちらかを選択するしかありませんでした。ずらしてくれればよかったのに・・・
Posted by 某大学生 | URL | 05/11/10 02:27 | xtQKLiPw

お疲れ様です。

川村さんなんか悔しそうな顔してましたね。インチキ平和主義者の薄っぺらさを改めて実感しました。
Posted by 雷蔵 | URL | 05/11/10 08:05 | ezaPDRcg

新潮の小野田さんのコメントにはジーンときました。
新たな追悼施設を作る会の売国議員達はこういうコメントを見ても何とも思わないのだろうか。
日本人全員がもっと政治に興味を持ち、売国議員達を排除していかないといけませんね。
Posted by まい | URL | 05/11/10 10:53 | GttfgU3I

投稿規約に同意した上でコメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.sakura.ne.jp/boyakikukkuri/tb.php?206
トラックバック
■相手を良く観察しる!
外交のカードに使われている「靖国」。どうしてこう、真っ正面から受け止めちゃう、バカ真面目な議員が多いの?友好の為の議員のサッカー試合でも、靖国を持...
Posted by 【音静庵】 | 05/11/10 16:54

小野田少尉、祝藍綬褒章受賞
おめでとうございます。ワイドシューで知った。犬HKの奴等め、森光子をなんぞをフィーチャーして、小野田少尉をスルーしてたな。
Posted by 神のいどころ | 05/11/13 13:47